Windows Server 2016でSysprepを実行する

VMwareのテンプレート化やクローンをする前に行うsysprep(一般化)を行う手順です。

sysprepを行わずにテンプレート化してしまうとSIDがコピーしていくだけ重複してしまいます。

SIDが重複するとOSの動作上は問題有りませんが、ドメインコントローラーからはすべて同一のサーバとして認識されてしまいますので注意が必要です。

Windows Server 2016でsysprepを実行する方法

スタートボタンを選択して「ファイル名を指定して実行」を選択します。

名前に「sysprep」と入力してOKを選択してください。

sysprepフォルダに移動しますので、sysprep.exeを右クリックして「管理者として実行」を選択してください。

システム準備ツールが立ち上がりますので、システムクリーンアップアクションを「システムのOOBEに入る」一般化するにチェックを入れてシャットダウンオプションをシャットダウンにしてください。

以下の画面が表示してシャットダウンすればsysprep完了です。

あとはvCenterでテンプレート化、コピーなどご希望の方法で展開してください。

ちなみにですが、SIDの確認方法は以下のコマンドを実行してください。

whoami /user

SIDの重複はトラブルが大量に発生してしまうのでテンプレート化やコピーをするときにはsysprepは忘れずに実行してください。

created by Rinker
¥3,520 (2020/11/25 01:15:17時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です