【Catalina】MacにJMeterをインストールする

Webアプリケーションの負荷試験を行うソフトウェアとして有名な「JMeter」をMacOSにインストールする方法です。

用途は様々ですが、AWSのオートスケーリングテスト用に環境を準備しました。

WindowsOSと同様に簡単にインストールが可能です。

インストール概要は以下のとおりです。

手順1
Homebrewのインストール
MacOS用のパッケージマネージャーをインストールします。
すでに導入済みの方は、手順2にお進みください。
手順2
JavaJDKのインストール
JMeterを動かすJavaSDKを導入します。
こちらも導入済みの場合は、手順3にお進みください。
手順3
JMeterのインストール
手順1で導入したHomebrewでJMeterをインストールします。
手順4
JMeterの起動
インストール後、JavaSDKでJMeterを起動します。

Homebrewのインストール

MacOS用のパッケージマネージャーをインストールします。
すでに導入済みの方は次の手順にお進みください。

以下のボタンを選択して公式サイトにアクセスしてください。

Homebrew公式サイト

インストールという項目下に表示しているコマンドをコピーしてターミナルで実行してインストールしてください。

/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install.sh)"

 

JavaSDKのインストール

JMeterの動作用にJavaSDKをインストールします。

どのバージョンでも動作には問題ありません。現状はJava SE 14が最新版です。

最新版でも問題なく動きます。

以下のボタンからJavaSDKのダウンロードページへアクセスしてください。

JavaSDKダウンロード

macOS Installerの右側にあるダウンロードリンクを選択してください。

ダウンロード規約にチェックを入れてダウンロードしてください。

ダウンロードしたパッケージをインストールしてください。

JMeterのインストール

HomebrewとJavaSDKをインストールできましたらJMeterのインストールです。

インストールは非常に簡単で、Homebrewを使うと1個のコマンドを実行するだけです。

以下コマンドをターミナルで実行してください。

brew install jmeter

以下のような表示されましたらインストール完了です。

起動も非常に簡単で、ターミナルで以下のコマンドを実行してください。

jmeter

以下のような画面が表示しましたらJMeterが正常に起動しております。

現在インストールされるバージョンは5.2.1です。

日本語化は「Options」→「Choose Language」→「Japanese」で日本語に変更できます。

JMeterでELB配下のインスンスに負荷試験を行う場合は、DNSキャッシュを無効にしてください。

手順は以下のページが参考になります。

Jmeterを使用した負荷試験でのちょっとした注意点

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です