ValheimのサーバをEC2で構築する方法

最近サバイバルゲームのValheimでよく遊んでいるのですが、フレンドのワールドへ遊びに行くのではなく、常設のサーバをみんなで開拓したいなーと思いサーバを立ててました。

AWSのEC2で構築したので記事にしてみました。

サーバ構成

サーバスペック:t3.small
OS:Ubuntu16.04LTS

t3.microではメモリ不足でサーバが起動できず・・・。
3人で遊んでt3.smallでも問題ないくらいでした。

Valheim用サーバの構築方法について

サーバの構築はLinuxGSMを使って立てます。
Ubuntu16.04LTS、Debian9、CentOS7が利用可能です。

前提としてEC2でUbuntu16.04LTSを選択してサーバを立ち上げておきます。
EIPを付与してグローバルIPの固定をしてください。

サーバにログインして以下コマンドを実行し、必要なパッケージ類をインストールします。

sudo dpkg --add-architecture i386; sudo apt update; sudo apt install curl wget file tar bzip2 gzip unzip bsdmainutils python util-linux ca-certificates binutils bc jq tmux netcat lib32gcc1 lib32stdc++6 steamcmd

以下画面が表示したらスクロールして【OK】を選択して【AGREE】を選択します。
基本すべて【Y】でOKです。

続いSimple DirectMedia Layer (SDL)のパッケージをインストールします。

sudo dpkg --add-architecture i386; sudo apt update; sudo apt install libsdl2-2.0-0:i386

続いてLinuxGSMのインストールパッケージをダウンロードします。

wget -O linuxgsm.sh https://linuxgsm.sh && chmod +x linuxgsm.sh && bash linuxgsm.sh vhserver

ダウンロードしたパッケージをインストールします。

./vhserver install

以下のような画面が表示されますので【Y】を選択してインストールを実行してください。

続いて以下のコマンドを実行して定義ファイルを編集します。

vim lgsm/config-lgsm/vhserver/vhserver.cfg

パスワードは6文字以上設定してください。
サーバ名、ワールド名は任意です。
ローカルのワールドを移行する場合は名前を合わせてください。

##################################

####### Instance Settings ########

##################################

# PLACE INSTANCE SETTINGS HERE

## These settings will apply to a specific instance.

servername=“サーバ名”

serverpassword=“サーバ接続パスワード”

gameworld=“ワールド名”

定義ファイルが編集できたら以下コマンドを実行してサーバを起動してください。

./vhserver start

以下表示がされましたらサーバが正常に起動出来ています。

[  OK  ] Starting vhserver: サーバ名

停止する時は以下のコマンドを実行してください。
./vhserver stop
Valheimがアップデートされた場合は以下のコマンドを実行してアップデートしてください。

./vhserver update

サーバ起動後はセキュリティグループでTCP/UDPの2456-2458を接続許可してください。

ローカルのワールドを移行する場合はWinSCPなどで接続して以下ディレクトリにあるファイルxxxxx.fwlとxxxxxx.dbをサーバのディレクトリにコピーしてください。

C:\Users\(ユーザ名)\AppData\LocalLow\IronGate\Valheim\worlds

サーバ側は以下ディレクトリに保存します。

/home/(ユーザ名)/.config/unity3d/IronGate/Valheim/worlds

vhserver.cfgに記載しているワールド名とファイル名を合わせてください。

どちらのフォルダも隠しフォルダになっているので、WIndows側での隠しフォルダ表示、WinSCP側での隠しフォルダ表示[環境設定]→[パネル]→[隠しフォルダを表示する]を設定してください。

ワールドファイルを入れた場合はサーバのstop、startを実行して反映してください。

あとはValheimを起動して【ゲーム参加】→【サーバ名を検索】→【接続】を選択するか、【IP参加】を選択して「サーバのグローバルアドレス:2456」を入力して参加してください。
パスワードを入力する画面が表示されますので、vhserver.cfgで指定したパスワードを入力して参加してください。

早ければ30分ほどでサーバの起動が行えます。

少しスペック不足かもしれませんので、ハングアップした時はサーバの再起動をしてください。

それでは皆さん良きValheimライフを!!また良い家の作り方教えて下さい・・・。

参考にしたサイト

Deploy Valheim Game Servers

ValheimのサーバーをGoogleから借りて、LinuxGSMでかんたんに設定する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です