Windows Serverで日本語のテキストファイルが文字化けする

ピンポイントな題材ですが、備忘録がてら記事にします。

Windows Serverで日本語のテキストファイルが文字化けする時の対処法

EC2などで英語版インスタンスをあとから日本語化したときに発生するケースがあります。

ANSIで作成されたテキストファイルなどを開いたときに文字化けする時の対処方法です。

日本語でファイルを記述しても「????」となってしまいます。

日本語で記述して保存して開くと以下のように文字化けしてしまいます。

「コントロールパネル」→「地域」→「管理」内の「Unicode対応ではないプログラムの言語」が英語(米国)のままになっていると発生してしまいますので、こちらをシステムロケーションの変更から日本語に変更すると解決すると思います。

EC2は日本語化済みインスタンスで起動するケースが多いと思いますが、with SQL Serverのインスタンスを利用する場合は英語版しか無いので日本語化して上記箇所だけ日本語にしていないケースなどに起こり得る問題なのでご注意ください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です