RDSインスタンスのタイプ別で起動時間を図ってみた

RDSはインスタンスタイプによって起動時間(使えるようになるまでの時間)が変わってくる、という情報を見たので実際に図ってみました!
確かに検証で使用するtインスタンスは結構遅いな〜というイメージでしたが感覚だけで思っていただけなので、実際にどれくらい起動に時間がかかるか数値化するいい機会だなっと思いました!

計測条件

条件は以下の通りです。

  • 作成はマネージメントコンソール(GUI)から行う
  • RDSのエンジンタイプは【MySQL】で比較
  • MySQLバージョンは【8.0.17】で検証
  • スタンバイインスタンスを作成する(マルチAZ構成)
  • その他の構成はデフォルト設定
  • 作成を行ってからステータスが【利用可能】になるまでの時間を計測

計測結果(MySQLのインスタンス別起動時間)

db.t3.micro 16分20秒
db.t3.small 17分18秒
db.t3.medium 16分35秒
db.t3.large 17分14秒
db.t3.xlarge 16分28秒
db.m5.xlarge 16分42秒
db.m5.24xlarge 15分53秒
db.r5.xlarge 16分22秒
db.r5.24xlarge 16分32秒

結果は上記の通りそこまで差がありませんでした。
MySQLに関してはスペックの差で起動時間が短縮出来るということはありませんでした。

作成中のステータス偏移は以下のような感じでした。

作成中→Configuring-enhanced-monitoring→変更中→Configuring-enhanced-monitoring→バックアップ中→変更中→利用可能

計測結果(MySQLとAurora)

条件はインスタンスが同じ、どちらもマルチAZ構成、エンジンは【5.7】で立ち上げを行います。

MySQL db.r5.xlarge 16分24秒
Aurora db.r5.xlarge 13分08秒

Auroraと比較するとAuroraは数分早く起動しますので、すぐに利用したい場合はAuroraを使用してください。

さらに早く利用したい場合は、オプションのバックアップ取得を外したら数分短縮できると思います。

計測結果(すべてのRDSエンジン別)

追加ですべてのエンジンで差異も確認してみました。

条件はすべてのエンジンでインスタンスは【db.r5.xlarge】で【マルチAZ構成】です。
作成はマネージドコンソールで行い、ステータスが【利用可能】になるまでの時間を記載しております。
操作遅延、画面の反映遅延などありますので、誤差は数秒ほどありますがご容赦ください。

エンジンバージョンは下記にエンジンと合わせて記載します。

Aurora MySQL(5.7) 13分08秒
Aurora PostgreSQL(11.6) 11分43秒
MySQL(5.7) 16分24秒
MariaDB(10.4.13) 16分56秒
PostgreSQL(12.3-R1) 13分58秒
Oracle SE2(12.2.0.1) 25分48秒
Microsoft SQL Server(2017 14.00.3281.6v1) 37分19秒

上記の通りAurora PostgreSQLが最速でした!
Auroraはエンドポイント、書き込みインスタンスが5分ほどで利用が出来ますので検証ですぐに使いたいときなどはAuroraが一番良いですね!

Microsoft SQLがこんなに時間がかかるとは予想外ですが、データベースをセットアップするのに1時間以内で使えること自体本来は衝撃的なことなんですけどね。
クラウドに慣れてくると数分で使えるのが当たり前みたいな感覚になってくるので気をつけないといけませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です