CloudWatchでURL監視をしてみる

いつの間にかCloudWatchでURL監視ができるようになってたんですね。

Amazon CloudWatch SyntheticsというサービスでURL監視が可能になっています。

今年のはじめには東京リージョンも対応しておりました。

Amazon CloudWatch Synthetics が新たに 13 のリージョンで利用可能に

CloudWatch SyntheticsでURL監視を行う方法

監視設定

CloudWatchメニュー内の「Synthetics」を選択します。

「Canaryを作成」を選択します。

「設計図を使用する」→「ハートビートのモニタリング」を選択して
Caneryビルダー内の名前は任意の名前を入力し、監視したい対象のURLを入力します。

スクリプトエディタが表示されており、監視したいURLが自動入力されています。
ステータスコード200で監視しているようです。

スケジュール設定を任意の数値に変更してください。

その他オプションも必要に応じて入力してください。

「Canaryを作成」を選択します。

セットアップ中やデータ不足時はステータスが灰色になります。

監視が成功し、正常にURLが稼働していると青色になります。

監視対象のURLがアクセス出来ないと赤色になります。

数ステップで簡単にURL監視が出来ました!
URL監視だけは別製品で行っていた方などはCloudWatchで一元的な監視ができそうですね。
もちろん異常時はメール通報なども出来ますので監視製品の置き換えもできそうですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です